平板載荷試験で安全性を計測し建物を建てよう

土地の防災性を上げる

工事

地表を眺めてみただけで、地下の状態がどうなっているかまで伺い知ることはできません。表面的には同じような土地に見えていたとしても、場所によって土地の形や質、量などが全て違っています。これらの情報を正確に把握した上で建物を建てるようにしないと、防災上・環境上の問題が発生する可能性があります。そのため、更地に新しい建物を建てる際には、まず地質調査を実施するのが一般的です。地質調査を行った結果、そのまま建物を建ててしまうのは非常に危険だという事実が判明することがあります。しかし、どのような地質であるかが明らかになっていれば、その対処方法を考えることができます。そのままでは使えない危険な土地だったとしても、地盤改良工事を実施することにより使える土地に変えることができます。

パッと見にはとても頑丈そうな地盤に見えていたとしても、地下構造が非常に脆弱な状態になっているケースがしばしばあります。地表を肉眼で観察しただけでは知ることができない地中の状態を明らかにするのが、地質調査の目的です。地質調査を行うことによって、調査対象地域の土の質や地下水の状態などを知ることができます。住宅を建てる前に実施する地質調査のことを特に地盤調査と呼んでいますが、これを実施することにより、その土地が建物をしっかりと支えられるだけの強度を持っている土地かどうかを確認することができます。日本は地震大国ですから、建物を建築する前の地質調査を省くことは、とても危険です。調査費用はかかってしまいますが、地質調査を実施することにより、安心を手に入れることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加