平板載荷試験で安全性を計測し建物を建てよう

未然の対策で安心を

工事現場

起こる場所には特徴がある

液状化とは、一見頑丈そうな地面が、地震の振動により液体化することです。液状化が起こりやすいのは、河口付近や埋立地などの砂地が主です。また、地下水位が浅い土地ほど液状化を起こしやすい傾向にあります。これらの土地が地震の振動を受けると、地下水が軟らかい砂地をみるみる上っていき、液状化を起こすというわけです。そうなると、土地は軟弱になるため地面はボコボコと浮き立ち、その上にある建物は傾いたり、沈下する恐れがあります。そうなってしまっては、住居であれば住み続けることは困難になり、修繕工事などで多額の費用や時間を費やさざるを得なくなるのです。まずは液状化させないよう液状化対策を施し、未然に防ぐことが肝心なのです。

地盤と建物の二つの方法

液状化対策の方法は大きく分けて二つあります。一つは、土壌自体を堅固なものにする方法です。これは、セメントなどの安定剤を用いて、地盤を固めたり、液状化を引き起こす地下水自体を抜き出すことで地盤を強固なものにします。しかし、こちらの液状化対策の方法は更地の状態でのみ有効なため、すでに建物が建っている場合は施すことができません。もう一つは、建物の強度を上げる方法です。これは堅い地盤に届く杭を打ち込んで、建物自体を補強します。こちらの方法は既存の建物にも施工可能ですが、新設時に施す場合よりも圧倒的にコストがかかるため、注意が必要です。また、液状化は一度起こると、再び液状化しやすい状態となってしまいます。そのため、早めの液状化対策が重要になるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加