平板載荷試験で安全性を計測し建物を建てよう

建設前に行う地盤沈下確認

作業者

どのように行われるのか

平板載荷試験は土地及び地盤の上に建物が建った時にどのくらいの沈下が見られるのかを確認するための試験で、建物を建てた時の安全性を予測する目的があります。試験方法は建てようとしている建物の基礎をもとに作られた直径30センチほどの円盤状の鋼板を用いて行われ、建てる予定地に鋼板を置いたら上に重機などを載せて負荷をかけます。そうすることで、どのくらい沈むのかを確認することができます。平板載荷試験の良いところは、他の試験方法よりも時間がかからず早く完了することができるところです。少し気になるところは、作業のために必要となるスペースが割と広いことです。広い土地では気にすることないと思いますが、重機がやっと入るくらいの広さだと不便かもしれません。広くない土地で平板載荷試験を行う時には、近隣住民が居る場合、事前に伝えておくことをおすすめします。

安全性を予測する作業

平板載荷試験を行う理由は、建物の安全性です。建物自体が頑丈で壊れにくくても、建っている場所である土地部分の地盤が悪いと意味がありません。建ててからでも行えないことはないのですが、作業スペースの確保が難しく、もし地盤沈下の結果が悪かった場合は面倒なことが増えてしまいます。そのため、平板載荷試験は建てる前に行うことがベストであり、住む場所や居る場所の安全性につながるのです。かかる費用の相場は1か所100000円ほどで、完了までの日数目安は約1日となっています。他の試験方法より費用は安価ですが、1か所での値段なので広い土地では他の試験方法を行った方が費用は安くするとされます。作業する会社と相談して、適切な方法を選ぶことが望ましいです。

ヘルメット

防火対象物の点検とは

防火対象物点検は、30人以上の出入りがある防火対象物にて毎年行うことが義務付けられている制度です。点検後には必ず報告を行い、表示や報告に関して何かしらの違反があると罰則があります。火災時のためになる点検なので、違反のないよう適切に行いましょう。

工事

土地の防災性を上げる

表面的には盤石な土地に見えていたとしても、地下に大きな空洞ができていたり、砂が多い脆弱な地質になっていたりするケースがしばしばあります。そのまま建物を建ててしまうと大変なことになる可能性がありますが、事前に地質調査を実施することにより、その危険を回避できるようになります。

工事現場

未然の対策で安心を

地震の振動により、地面が液体化してしまう液状化現象。どこでも起こるわけではありませんが、一度起きてしまうと、再び液状化を引き起こすリスクが高まります。そうなる前に、液状化対策をして未然に防ぐことが重要になるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加